FC2ブログ





暫くは、このブログでの書き込みはしません。



プロフィール

skynet

Author:skynet
出身地 広島県



最新記事



最新コメント



  ミク時計

ミクをクリックすると時刻を教えるy                       ♪をクリックすると歌うy



  はつねみくにゃの

キーボードをマウスでクリックしてね   



月別アーカイブ



カテゴリ



かうんたー



おんらいんかうんたー

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



ブログのお引越しです。
ここのブログは、ジャンルを変える為に ライブドアのブログに
お引越しとなります。 まだ準備中の為 準備が出来次第
移行となりますので、リンクされてる方は、新規ブログで
お願いします。移行したらお知らせします。


buro.jpg

まだ変更しますが、テンプレは当分 ノーマルで行くつもりです。準備が出来ましたらURLを貼ります。
ちなみにブログを開設して1時間が経ちましたが、アクセス数PV)では100アクセスを超えましたが、
ユニークユーザー数では、1でした。こっちが正解なのでしょうか?公開してますが、誰にも教えてないので
カウントするとおかしいので!



ブログ開設が終わりましたので、そちらでお願いします。

電子関連のブログは、

気ままにぶろぐですぅ♪に、リンクの変更をお願いします。





スポンサーサイト




壊れてしまったDBM
WSML AMP実験中に、HFコンバータのDBMを破損してしまいました。
完全破損と言って良いほどで、まったく受信不能になってしまったので、
コイルが切れてるのか調べましたが、あまりに小さくて修理する気もおこりませんでした。


dbm
今回は、TT@北海道様でお分け頂いたので助かりました。肝心のWSML AMPは、
実験中に破損してしまい原因を追求中です。ちなみにHFコンバータは予備として作っておいた
HFコンバータからDBMを外して交換した所 正常に戻りました。予備品のHFコンバータと
交換すれば良いのですが、修理のHFコンバータは強力な両面テープで固定してる為に
断念しました。メンテの事を考えてないで作ってしまいました。^^;

参考までに HFコンバータを作ってるサイトを見つけました。
ここです。 うちの環境では文字ばけするので、文字化けしたらUTF-8で、エンコードすれば
正しく表示します。回路を見たのですが、複雑で使い勝手も悪いような気がするので
TT@北海道様のHFコンバータに軍配が上がります。ちなみに、ここのサイトでコイルの巻き方を
参考にしました。

追記

WSML AMPの T2 T4部分は両方とも出力を確認しましたので、T1 T3部分のみになりました。
TT@北海道様に 指摘がありまして E B 間の差が大きいので
0.6vを目標に原因を調べてみます。










ループアンテナ製作
ビニールハウス用の骨?を買ってきて直径1mのループを作り
5DFBの同軸の芯線だけを使いWSML AMPに入れてみましたが、
結果はNGでした。ノイズが多くなりAMP性能も出てませんでした。
室内で7Mを受信してみてもノイズばっかりで受信出来ずなので
AMPの方に原因がありそうです。どこかハンダ不良になってるのか
解りません。GNDに繋いだ時は増幅してたのを確認してます。
LOOP1 LOOP2に繋ぐとダメでした。 うーん なんでだろう?


loop ant
今回 製作したLOOP アンテナです。撮影の為に横にしてます。
今回は すんなり行かないようです。


追記 問題が山済みに・・・・・ 4/22 AM

実験中にHFコンバータのマッチングトランスを壊してしまいました。><
予備があるので交換しないとです。 マッチングトランスを交換するには
リレーも外さないといけないので、ちょと大変な作業になりそうです。
WSML AMPに関しては、loop1 loop2端子に接続するとヌル調整が出来ないので
差動動作が出来て無いと思われます。2つの入力のGAINを合わせる事で
ヌル調整が出来るようですが、試しにやってみようかと思ったのですが、
差動AMPの片側も破損してました。チップのTRは無いので、NPN型なら使えるので
代用品を取り付けるしか無さそうです。 それよりHFコンバータの マッチングコイルを
また壊してしまうと、TT@北海道様も在庫が無いと思うので分けて貰えないと思うので
実験中は、DSPラジオを使うのが良いかも知れません。







WSML AMP 動作テスト
WSML AMPの動作テストをしてみました。
アンテナが、アミ線を芯線に接続したループなので、
ループ端子に接続した場合 ノイズが多くってNGでしたので
GNDに接続する事でノイズが少なくなりました。
テスト結果ですが、長波の60khzは2倍の感度で受信出来たので意外でした。
40khzも2倍でしたので了解度が上がった感じでしたが、中波に関しては、
少し感度が上がった程度でした。何故か4M付近から急激に感度が上がると言う
状態になったようです。DC12vの時 消費電流が規定の72mAくらいなので
正常でした。マッチングコイルか、マグネチックループアンテナかもしれません。
もう少し実験を続けたいと思います。WSML AMPは正常動作してるようでした。
環境が違うので近い環境でしないとダメかもしれません。


wsml amp

LOOPの2つの端子で接続するようですが、今のアンテナではNGでした。仮にループアンテナを作って
テストしてみるつもりです。動作中は 基板をさわると、ほんのり暖かくなってました。
マッチングコイルも色々変えて実験してみるつもりです。
ちなみに LOOP1端子 LOOP2端子とも感度は同じでしたので正常動作してるようでした。

余談ですが、参考に影山さんのHPを見てみましたが、ΔLOOPXは、ΔLOOP7とΔLOOP9の
良い部分を取り入れて作ってるようです。ΔLOOP9は非同調方式に対してΔLOOP7は同調式
WSML AMP搭載は、非同調式のΔLOOP9のようでした。今回 チップ部品の数が多いWSML AMPを
作ったらΔLOOPXの複雑な回路ですが、一般部品なので簡単に見えてくるのは、うちだけでしょうか?
WSML AMPの実験の続きは、用事がある為 夕方から、実験再開しようと思います。
帰ったのが23時過ぎだったので後日 実験しようと思います。







WSML AMP 途中経過
WSML AMPを製作し始めました。休む事が多いので
全然はかどりません。部品を約半分くらい取り付けたとこで、
今日は終わりです。次は、回路図と照らし合わせて、
ショートしてないか調べて正常なら次の工程に進もうかと思います。

kiban
部品を取り付けてて思ったんですが、R Cとも2~3個 多く貰ってました。
HFコンバータの時 チップ部品を飛ばしてたので助かりました。
でも、予備品がある時に限って無くさないですね!今のとこ1個も飛ばしてません。^^;


チップ部品取り付け完了
チップ部品を、すべて取り付けました。後はコイルのみです。
ショートしてないか確認してVCC入力 LED点灯確認 消費電流を確認した後 コイル作りに
取り掛かろうかと思います。何時でもそうですが最初電圧をかけるのが一番不安です。
ショートして煙が出た事がありますので^^;
後半でチップ部品を2個飛ばしてしまいました。予備が無い部品だったので
探すのに30分かかってしまいました。ちなみに、ここまでの作業時間は
休憩を除けば1時間40分かかってました。前回で1時間ちょとなので
3時間くらい、かかってました。 部品を飛ばして探す時間は除きます。
ちょとかかりすぎですね。(TRを裏向きでハンダして修正した時間が大きいかも^^;)

追記

ちょとWSML AMPで調べてみましたら、ΔLOOP9の回路と似てるとこに気ずきました。
影山様の本文でも取り上げてますがWSMLの日本版のような感じ と記載してました。
WSML AMPってかなり前からあったようです。と言う事はΔLOOPでも使えるって
事になるのかもですね!アンテナ自体は簡単なのでテストしてみても面白いかもです。

各 配線チェックをして問題無かったのでUSBの5Vを入力してみましたら、
LEDは点灯したので電源回路は正常のようです。電流を計ったら20mA程度だったので
コイルを入れないと、まだはっきり解りません。最終的にコイルを作ってからの動作テストと
なります。